Alcedo Atthis Architect ・・ works-1works-2works-3DetailProfileConceptofficePassivNewsContact・・ Atelier

建築設計事例:高台の家・書庫
山梨県甲州市の山間に建つ養蚕農家の繭小屋を補強し書庫に改装した事例です。1階からロフトまでを斜めに貫く補強柱を設けることにより、最小限の改修で落ち着いた読書空間を造ることが出来ました。

書庫となった繭小屋の2階部分
上:書庫となった繭小屋の2階部分。

書庫東面窓のステンドグラスパネル
上:書庫東面窓のステンドグラスパネル(当社工房制作)。静かな読書空間をイメージしたパネルは一部にプレーンな透明ガラスを用いて庭の緑を取り込んだ。窓を開けると重なり合った図柄も楽しめる。

ロフトの床越しにトップライトを仰ぐ
上:トップライトの光を下階まで届けるために中央部に吹き抜けを設けた。直射日光によって書籍が傷むことを避ける為、採光はトップライトを用いた。

強柱が床を貫くロフト
上:補強柱が床を貫くロフト。

2階書庫 本棚と補強柱の様子
上左:2階書庫。
上右:本棚と補強柱の様子。

ロフト ロフトのトップライト
上左:ロフト。
上右:ロフトのトップライト。

斜めの補強の柱がロフトの棟木を支える 結霜ガラスを組み込んだ二重窓
上左:斜めの補強の柱がロフトの棟木を支える。
上右:断熱の為、既存の窓の内側に設けた二重窓。結霜ガラスを組み込んだ。

1階。補強柱の様子 補強柱の詳細
上左:1階。補強柱の様子。中央の格子部分はかつて繭を温めていた炉の名残。今回は補強以外の手を加えていないが、将来的に水車利用の小水力発電の電気室を検討中。
上右:補強柱の詳細。

改装前の状態 外観
上左:1階。改装前の状態。左は繭棚。
上右:外観。今回は全く手を加えていない為、景観的には何も変わらず農地の中に佇んでいる。